So-net無料ブログ作成
検索選択
パノラマ写真関連ツール ブログトップ

パノラマ写真の利用法 ② (QuickTime VR 作成ツール) [パノラマ写真関連ツール]

パノラマ写真の利用法の2回目ということで、

今回は、前回の最後に扱った仮想空間(バーチャルリアリティ:VR)を
低容量かつキレイに表示できる QuickTime VR ムービーを作成するツールを紹介します。

 


***  注 意  ***


QuickTime オブジェクトを表示するには、QuickTime Player (無料)が必要です。
(Windows と Mac に対応したパソコンで動画や音声を扱うためのソフトウェア)


iTunes(iPod や iPhone にも対応した動画や音楽ファイルの再生・管理ソフト)を
使っている方は、すでにインストールされています。

 

( 公式サイト : アップル - QuickTime / iTunes + QuickTime

( インストール方法 : Asaoka Hiroko's Home Page - QuickTime Install

 

ちなみに、これから紹介する『 VRMakePano 』の使用に必要な QuickTime base components と、
Web上で表示するのに必要なのは QuickTime ActiveX plugin は、

QuickTime Alternative(QuickTimeファイル(mov, qt)再生用コーデック)にも含まれており、
こちらをインストールしてもらっても問題はありません。

 

また、QuickTime VR ムービーの再生機能を持つ JavaArchive(ジャバアーカイブ)素材である

PTViewer を使って QuickTime を使わずに再生する方法もあるようですが、

人に教えられるほどHTML設置コードに詳しくないためココでは扱いません。

 

 

続きを読む


タグ:パノラマ VR

応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

パノラマ写真の利用法 ① [パノラマ写真関連ツール]

前回の記事で作成したパノラマですが、

拡大・縮小・移動といった動きを加えることができなければ魅力半減といえます。

 

実際、この問題があったからこそパノラマ作成に興味を抱かなかったわけですが、

前回の記事作成中にいろいろなサイトに貼られている画像(映像?)が出てきたわけです。

 

ということで、必要以上に詳しくマニュアルっぽい記事にしたわけですが、

So-net blog にアップロードできるファイル(画像&音楽ファイル)だけでは
そういった形で記事に貼って紹介することがほぼ不可能なようですねぇ~。


ブログとは別にホームページやレンタルサーバーを持っていなければ、

動きのあるパノラマ画像の表示/作成に必要な
Javaスクリプト(js) や FLASH(swf)、QuickTime ムービー(mov) などが使えないみたいです。

 

・・・・・・と、ここまで分かった段階で早々にあきらめれば楽だったのですが、

一応興味はあったので無謀だと思いつつも上記のファイルを扱うための準備を始めました。

 

いろいろ初挑戦ということになるので、途中で挫折するかもしれませんが・・・・・・。

 

そんなわけで、今回は初心者向けの内容とは言えない部分がありますが、

個人的に楽しむだけでも十分というものもあるので気長にお付き合い下さい。

 

念のため断わっておきますが、今回はフリー素材の使用例といった内容になります。

 

 

続きを読む


応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

パノラマ写真作成ツール(画像結合ツール) [パノラマ写真関連ツール]

やる予定・・・と書いてから1カ月以上経過してしまいましたが、
今回はパノラマ画像作成ツールを紹介します。

 

・・・・・・ですが、

管理人自身を含めてパノラマ写真自体に魅力を感じない人は多いのではないでしょうか?

 

これは、大きい写真の利用法が浮かばないことから来ていると思うのですが、


このブログで閲覧者数が最も多い記事は、

長いWebページが簡単にコピーできるツールとして紹介した
画像取り込みツール(スクリーン・キャプチャー)』を扱った

いわば、大きい画像を作成するツールなわけです。

 

だからこそ、気づいて欲しい、

パノラマ写真作成ツールというのが高性能な画像結合ツールであることを!!

 

・・・・・・と、無駄に熱く語ったところで紹介に移ります。

 


管理人にとってのパノラマ写真作成ツールというのは画像結合ツールであり、

その最たる使い方が“スクリーンキャプチャーの補助”になります。

 

具体的に書くと、

Webページのスクロールキャプチャーでは1回で撮ることができない、
地図などのWebページ内のスクロール対象物を複数回キャプチャした画像を

限りなく簡単な操作で結合するという目的で使うわけです。


* 不連続部分(枠など)のトリミング(必要部分のみの切り出し)が必須

 

そのためには、水平/垂直の一方向のみに対応したツールでは使えません。

また、遠近感を補正を強制する(不必要な変形が伴う)ツールでは困るわけです。


かといって、本来の目的であるパノラマ写真を作成する機能に不満
(単純な拡大/縮小 & 単純な位置変更 のみ)を感じるようでも問題です。

 

それを踏まえた結果・・・、

今回紹介するツールは不本意ながら日本語化できないものになってしまいましが、

感覚のみでも使えるツールなので多分大丈夫でしょう。

 

***  注  意  ***


残念ながら、パノラマ化するのに都合の良いネット上で公開して問題のない写真
(人物を含まない & 安っぽくない & デジカメで撮った写真)の持ち合わせがないため、

パノラマ写真作成に関する性能を正しく(?)判断することができません。


純粋にパノラマ写真作成ツールをお探しの方は、他の紹介サイトも閲覧することを推奨します。

 


【パノラマ写真作成ツール(画像結合ツール)】


ツールの紹介の前に、
今回使用した写真素材の大本であるデータの提供元を紹介しておきます。


写真の加工が許可されたフリーのパノラマ写真素材配布先ということで、
ゆんフリー写真素材集 』にあった画像を使わせて頂きました。


実際には、パノラマ化された写真を配布しているのですが、

ここでは、あえてそれを 分割 → 歪み付加 したものを使っています。

 

( 改悪・分割写真 )


 a. “被写体を確実に捉えたメインの写真”という位置づけ ・・・・・・ 金閣寺
 b. “メインの被写体を含みつつ、左上の風景をとらえた写真”と仮定 … 空(小)
 c. “メインの被写体を含みつつ、右上の風景をとらえた写真”と仮定 … 空(大)
 d. “メインの被写体を含みつつ、左下の風景をとらえた写真”と仮定 … 池
 e. “メインの被写体を含みつつ、右下の風景をとらえた写真”と仮定 … 松
 f. “メインの写真 (a) が暗く&赤くなってしまった失敗作”と仮定 ・・・ 失敗作

Photo by (c)Tomo.Yun )

yun_5706  - a~f.gif

 

  * 結合した画像に無駄なスペースが出来ない(四角い画像になる)ほど有効といえます。

 


複数枚の写真をドロップするだけで結合してくれるパノラマ写真作成ツール

Microsoft Research Image Composite Editor (ICE) 』 (日本語化:不可)

 

Microsoft Research Image Composite Editor (ICE)_s.gif

 


上記のマニュアル兼用画像は a ~ e ( f 以外)の画像を読み込ませようとしていますが、
実際には c の画像が読み込まれていません。


特徴が無いと判断されるのか(空が多い写真を上のサンプルサイズまで縮小したため)、

どのような組み合わせで読み込ませても画像 c は存在しないものとして扱われました。

 


 操作方法は、

  ① とりあえず、ツールを起動した後

  ② 結合したい画像を含んだフォルダを開いて、複数のファイルをドラッグし、
    先に起動しておいたツール画面上にドロップするだけです。

    (合成に使える画像が2枚以上ないとエラーが発生)


 以下に必要以上の機能説明を記述していますが、

 合成方法(Stitch)は基本的に自動設定のままで問題ないため、


  ③ 後は、Automatic Craop(自動トリミング)を選択した後、

    (画像の周りに表示されている枠を動かして任意の保存領域を設定可能)

  ④ 保存するファイルの保存形式を選んで、Export(書き出し)ボタンで保存


 という操作をすることになります。

 

stitch - yun_5706.gif

 


結果、上のように元の画像に近い状態に結合できたわけですが(Planar Motion 1)、

色が異なるものが混ざっただけで合成結果が大きく変化していることが分かりますが、
元の画像を知らなければどちらが実物に近いか分からないくらい違和感なく繋がっています。

右上の画像 c が読み込まれていれば、ズレの原因となっている情報不足が解消されたかも・・・。

 


● Stitch : 合わせ方(合成方法)


  Planar Motion 1 - スキャナなどで読み取った画像の場合
           出力サイズ(Scale)を変更できない → 100%のみ

  Planar Motion 2 - 対象に合わせて移動しながら撮影した場合(誤差:小)
           出力サイズ(Scale)の変更が可能 → 100%, 75%, 50%

  Planar Motion 3 - 対象に合わせて移動しながら撮影した場合(誤差:大)
           出力サイズ(Scale)の変更が可能 → 100%, 75%, 50%

  Rotating Motion - 同じ場所で回りながら撮影した場合 ← 視点変更可 : 3次元補正?
           出力サイズ(Scale)の変更が可能 → 100%, 75%, 50%, 37.5%, 25%

  Automatic - 自動 ← 上記の合成方法から自動的に選択

 

* 管理人が用いた画像は、

  意図的に歪ませているだけで一応1点から撮影した(元は1枚の)画像です。


  そのため、Planar Motion 1 や Rotating Motion が有効だったわけですが、
  加えた歪みによって移動しながら撮影した写真と誤認させることに成功しました。

   → 自動設定では、 Planar Motion 3 が適応されています。

 

・ Projection(投影方法) ← 画像の視点変更も可能

* Rotating Motion(3次元補正?)選択時のみの追加設定


  Perspective       - 遠近法
  Cylinder (horizonal) - 円筒法(水平方向)
  Cylinder (vertical)  - 円筒法(垂直方向)
  Sphere (horizonal)  - 球面法(水平方向)
  Sphere (vertical)   - 球面法(垂直方向)


  遠近法 : 遠近感によって生じる画像の歪みを、外側へ行くほど拡大することで補正します。
         湾曲という意味での補正を行わないため、実物に最も近い画像に仕上がります。 

         ただし、外側が広がっていく画像のために有効範囲は最も狭く(視野と同程度?)
         長いではなく大きいパノラマ向きの設定という気がします。

  円筒法 : 遠近法によって生じる歪み(外側の拡大)を抑制するために、
         外側へ行くほど指定方法を維持しつつ(指定方向の軸に向かって?)引き絞ります。 

         画像に歪みが生じるために、縦横比に差が無い(短い)画像ほど違和感が生じますが、
         長いパノラマを作成できます。

  球面法 : 画像を球内に貼りつけたように湾曲して表示します。 

         主に360°のパノラマ写真を作成するために使用されますが、
         普通の画像をパノラマ化(視界が開ける感じに加工)できます。


   * 基本的に歪みを補正する機能のためか、
     今回用いた画像のような歪みを後から加えたものではほとんど効果はありません。


     (上のツール使用画面での変化は、視点変更によって変化が強調されたものです。)

     歪みを加えた画像が2枚たけであれば効果が出そうですが、
     上記のサンプルでは右上の画像(c)が使えないので、画像を作り直して追記で実験します。

 

 ● Export : 書き出し設定


  ファイルの保存形式

  JPEG Image - jpg, jpeg ← 劣化あり・透明部分なしの一般的な圧縮画像

  備考 : Quality(品質)の設定が可能

  TIFF Image - tif, tiff ← 透明部分ありの無圧縮画像

  Adobe Photoshop - psb ← 複数の画像を1つにまとめて保存

  備考 : 保存方法の選択が可能
  ・ Flat : 合成済みの画像のみを保存
  ・ Layers : 合成に使った各画像(変形済み)を確認できる

  HD View Tileset - 画像の拡大・縮小・移動・補正が可能なWebページを作成

  * 閲覧するのに「HD View」というツールが必要 ← 英語

  Deep Zoom Tilest - ズーム機能付きのWebページを作成(拡大・縮小・移動が可能)

  Windows Bitmap - bmp ← 透明部分なしの無圧縮画像

  PNG Image - png ← 透明部分ありの圧縮画像

  HD Photo Image - edp ← 透明部分ありの高圧縮画像(汎用性:低)

 

( 公式サイト : Microsoft Research Image Composite Editor (ICE) (Google - 翻訳) )

( PDFマニュアル : たちかわPC倶楽部 - 入手&インストール.NET Framework) ・ 使い方

 


* 上記のマニュアルに .NET Framework とあることから想像できた方もいるかもしれませんが、
  このツールの起動には .NET Framework 2.0 以上 が必要なはずです。

 

  ですが、公式サイトのトップページやダウンロードページなどの目に付きやすいところに
  .NET Framework version XX 以上が必要どころか名前すら見当たりません。


  既存の .NET Framework とソフトを削除して確認してみましたが、

  インストール完了画面になって
  初めて下の方に .Net Framework の更新をお願いする英文が表示されるだけでした。

 

  ちなみに .NET Framework 削除後でも HD View 共々問題なく動作してしまいました。

 

  より精密な合成を行うためとでも解釈すればいいのでしょうか?・・・謎です。

  ついでに実験してみましたが、同じものができないというだけで精度は判断不能でした。

 

  一応違いがあったということで、最新版のインストールを推奨しておきます。


  .NET Framework 自体の説明は、画像作成(ペイント)ツールの記事の中間ぐらいに書いた
  『 Paint.NET 』というツールの紹介後に書いています。

 

( 公式サイト : Microsoft - Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1

 

 

続きを読む (歪み画像の作成からやり直した修整画像など)


応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

パノラマ写真関連ツール ブログトップ


Lenovo - Web広告限定ストアお得なクーポン一覧クーポンの使い方

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。