So-net無料ブログ作成
画像処理関連ツール ブログトップ

画像閲覧ツール(ビュアー) [画像処理関連ツール]

前回の記事で画像閲覧(ビュアー)機能をもつツールの紹介に戻れため、

今回は圧縮された画像も読み込むことができる画像閲覧(ビュアー)専用ツールを紹介していきます。

 

こういったことが可能なツールがあることは一番最初の記事で書いたのですが、

読み込める画像の種類を増やせるプラグイン(機能を追加する小さなプログラム)
というものが出てくることと、
初心者に圧縮状態のファイルを読み込む必要性がなさそうという理由で後回しにしてきました。


それが、画像作成(ペイント)ツールの紹介の中でプラグインが予定外の登場を果たし、
都合よく画像閲覧ツール(ビュアー)の話に戻ってしまったのですから、
まぁ・・・書き時ってヤツでしょう。


といっても、一般的なファイルを扱う分にはプラグインを探す必要もないんですけどね・・・。

 


【画像閲覧ツール(ビュアー)】

 

Susie Plug-in(Susie以外でも使える汎用性の高いプラグイン)で有名な画像ビュアー

『 Susie(スージー) 』


 使いやすいツールとは言い難いため、
 初心者向けとしてこのツール自体を勧める気はありませんが、

 Susie Plug-in の機能を100%生かせる(?)ので、
 どうしても使いたいプラグインがあるなら試してみるのもいいのでは・・・。


  * 「ファイル」→「設定」からプラグインの設定を変更できます。

 

( 公式サイト : Susieの部屋 - ダウンロード(正式版&プラグイン新規開発中のβ版) )

( Susie Plug-in リンク集 : Vector / TC_2 / kana's Home Page

 


DirectX を使用した立体感のある画像切り替え効果が楽しい定番の画像閲覧ツール(ビュアー)

『 Hamana 』


 グラフィックカード(パソコンの画面を表示するための機能拡張カード)の性能に左右されるますが、
 3Dエフェクトは魅力的です。


 漫画や雑誌のように画像を見開きで見られる2画面モードにも対応しており、
 ルーペで部分拡大することも可能です。


 キー入力やマウスアクションでの動作はカスタマイズすることができますが、
 画面切り替え効果は“ランダム”か“どれか1種類”を選択することしかできないようです。

  * メニューバーの「表示」にある「ページ送り」の設定をより選択できます。
    漫画や雑誌を読むなら、“Book(ページを上にめくる感じの効果)”を選ぶと良いでしょう。

 

Hamana_1.45.gif

 


 上の画像は、全体を縮小していますが実際の画面切り替えの様子から作成してあります。

 ちなみに、“Book”→“Break”→“Blend and zoom X”→“Explode”という効果を繰り返しているのですが、実際の設定では“ランダムエフェクト”を選択していることになります。

 

 言うまでもなく Susie Plug-in に対応しており、
 
 zip(cbz), lzh , rar(cbr), 7z, arj, cab 形式で圧縮されたファイルを読み込むための ax7zip.spi と
 jpg, bmp, png, gif, tif, ico, wmf, emf 形式の画像を読み込むための ifgdip.spi が

 あらかじめ同梱されています。

  * ちなみに、パスワード付きのファイルはサムネイル(縮小画像)のみ表示可能で、
    圧縮ファイル内にある圧縮ファイルを読み込むことはできません。


 また、pdf, ps, eps (Ghostscriptが必要)や
 avi, gif(アニメーションGIF), mp2, mpa, mpeg, mpg, rm, vob, wmv 動画(音なしで再生)
 にも対応しています。

  * 残念ながら“MediaPlayer Susie Plug-in”をいれても音は鳴りません。

 

 * このソフトを作動するには“DirectX 9.0c のランタイム”と
   “gdiplus.dll(GDI+ RTM)”というファイルが必要になります。

   “gdiplus.dll(GDI+ RTM) ”は元から入っている可能性が高いですが、
   パソコンにゲームなどをインストールしたことがない方は
   “DirectX エンド ユーザー ランタイム”をインストールする必要があるでしょう。

 

( 公式サイト : Hamana - graphic viewer / Vector - ダウンロード

 


 


上記のツールだとパソコンの性能に左右されるということで、
使い勝手のいいツールを他にも紹介しておきます。

 


Susie Plug-in の導入で圧縮ファイルにも対応できる、動作が軽い画像閲覧ツール

『 MassiGra(マッシグラ) 』


 一応、画像閲覧ツール(ビュアー)として紹介していますが、
 トリミング(画像切り取り)と全体に作用する修正が可能です。(文字の書き込みなどは不可)

 

 右クリック → 表示 から2画面表示(漫画モード)に変更できますが、

 行った処理(シャープとか)が次の画像には適応されない(=フィルターが無い)うえ、
 前回読み込んだ画像から閲覧できるしおり機能(?)もないため、

 コミックビュアー(見開き画像閲覧ツール)としてはオススメしません。

 

 右クリック→その他 からキーやマウスの動作がかなり細かく設定できます。
 初心者には厳しく、面倒極まりない作業ですが、自分の好みに合わせた挙動に変更できます。

 

 一応、参考として管理人の好みのマウス設定(ビュアー専用)を記述しておきます。


  左クリック :
   ★ 単独での機能 : メニュー項目 → リスト → 次の ファイル
  左ダブルクリック :
   ★ 単独での機能 : メニュー項目 → 表示 → 全画面表示
  右クリック :
   ★ 単独での機能 : メニュー項目 → リスト → 前の ファイル
  中クリック :
   ★ 単独での機能 : ポップアップメニュー → 親メニュー
  中ダブルクリック :
   ★ 単独での機能 : メニュー項目 → ファイル → 終了
  ホイール上回転 :
   ★ 単独での機能 : ホイールによるスクロール → 上
  ホイール下回転 :
   ★ 単独での機能 : ホイールによるスクロール → 下
  ドラッグ :
   左 ボタン 押しながら : スクロール / 範囲選択
   右 ボタン 押しながら : ズーム

  * ポップアップメニューは、メニューバー上で右クリックしても開けます。


 あとは、通常の表示方法を下記のようにすれば完成です。

  表示 → 表示オプション → 画像を ウインドウに合わせる
  表示 → フィットオプション → ウインドウ内 に収める / 幅 高さ どちらかに合わせる

 

 画面切り替え効果はありませんし、プランインを使わないと圧縮ファイルを読み込めませんが、
 画像形式に関しては最初から BMP, JPEG, PNG, GIF(アニメーション可)に対応しています。

  * もちろん、プラグインで対応ファイルを増やせまが、 ← Susie Plug-in リンク集 参照
    例によって、音楽&動画ファイルには対応できません。

 

( 制作者 : Toshi Fuku / Vector - ツール紹介ダウンロード

 


前回終了した場所を記憶できる“しおり機能”付きの見開き画像閲覧ツール(コミックビュアー)

『 Leeyes(リーズ) 』


 このツールだけでは無圧縮画像ファイル(.bmp)しか読み込めません。

 Susie(スージー)のダウンロードページにある Plug-in を入れることが前提となります。


  ① ツール本体をダウンロードし、分かりやすいところに解凍

  ② Plug-in package ver0.08
    (JPEG/GIF/TIFF/Pi/PIC/Pic2/XLD4/MAG/PICT/LHA/Zip) をダウンロードし、
    ツール本体と同じフォルダに解凍(プラグイン(.spi) のみで可)

  ③ ついでに、JPEG plug-in 0.33 (04/09/22) もダウンロードし、
    さっきと同じところに解凍 → 上書き


  * 上記の作業から分かる通り、画像&圧縮ファイルのプラグインには対応しています。
    ・・・で、やっぱり音楽&動画には未対応です。

 

 メニューバーにあるオプションの項目からキー入力やマウスでの動作を変更できますが、

 このツールでは倍率を直接入力しないと拡大・縮小の微調節ができないため、
 左クリックの動作(コマンド)に“次のファイル”を登録する程度で十分かと・・・。

 マウスホイールをクリックして表示できるルーペをメインで使う方がオススメです。( ← 文字を読む場合 )

 

 ある程度、画像修正ができる人であれば、

 イメージ → フィルタ → フィルタの設定 から
 明るさやコントラストといった修正内容を事前に登録(最大10種類)しておき、

 必要に応じて修正した状態の画像を毎回表示させることが出来ます。( ← 修正画像の保存は不可 )

  * キー入力にフィルタを登録しておくとさらに便利。

 

 と、まぁ・・・漫画や小説といった文字を読む必要があるものを見るのに有効な機能がそろっていますが、
 1画面表示もできるので普通に画像閲覧ツール(ビュアー)として使えます。


 メニューボタンやファイル選択画面が見やすいのも魅力です。

 

( 公式サイト : Leeyes / PDFマニュアル : scanbooks.jp(スキャンブックス) - ダウンロード使い方

 

 


 


意図的にこのブログを見ている方であれば、

何でも揃った見開き画像閲覧ツール(コミックビュアー)として、
既に『 マンガミーヤ 』の名前を目にしたことがあるかもしれませんが、

現在、公開停止中です。

 

表現が難解で正しく理解できているか微妙ですが、


PDF形式の画像を読み込ませるためのファイル(pdf.dll)に組み込んでいるプログラムに、
利用したら内部プログラムの公開が義務付けられるライセンス(GPL)付きのコード(命令文)を使用していたのに、

ツール本体でこれと合せて配布してはならないと定められているものを使っていたことが原因のようです。

 

フィルタが最初から定義されているため(作成も可能)使いやすく、
(ツール → Avisynthフィルタ有効 / Avisynthフィルタ設定 / Avisynthフィルタプロファイル)

そのフィルタの種類も、ページ番号表示や複数枚表示など
明るさやコントラストといったフォトレタッチ(画像修正)的なものに留まらないところが魅力的な、


Susie Plug-in を追加しなくても

最初から bmp, jpg, png, gif, pdf 形式の画像とzip(cbz), lzh(cbl), rar(cbr) 形式の圧縮ファイル、
ついでに“AvisynthPlugin”でテキストファイル(.txt) を読み込むことができるツールなので、残念です。

というか、例によって音楽・動画に対応できないため、普通は Susie Plug-in が必要にならないはずです。

 

ちなみに、“ツール → 操作設定”でキー入力やマウスでの動作が変更したり、
“ツール → レジストリ関連設定”で右クリックメニューからソフトを起動できるように変更できます。


サムネイル(縮小画像での一覧表示)にも対応しており、この表示方法もカスタマイズできます。


名前を変更して使えるマンガ専用の設定ファイルを同梱しているところとかもいい感じだったんですけど・・・。

 

・・・と言いつつ、実はダウンロードできる場所もあったりするんですけどね。(制)

おまけ


応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

写真修正(フォトレタッチ)ツール - Picasa 3 [画像処理関連ツール]

・・・・・・・・・。

クローンブラシ的なものがある写真修正(フォトレタッチ)ツールを見つけてしまいました。


ツールの方向性としては、
写真修正(フォトレタッチ)ツールの2回目と同じ閲覧(ビュアー)機能のあるものになります。

 

機能の呼び方やツールの分類がサイトによって異なるため今後も起こりうると思いますが、

定期的に見て下さっている方とこのブログの見栄えのため、
過去の記事にツールを追加するのは避けようと思います。

 


【写真修正(フォトレタッチ)ツール】

 

スライドショーのムービー化やディスクの作成が可能な、Google製の画像管理ソフト

『 Picasa 3 』

Picasa_3.1.0_s.gif

 

 フォトスライドショーのムービー化に関しては、
 個別にアニメーションを設定できるビデオ編集用のものがあるため、
 とくに推奨する気はありませんが、

 各種機能を表すボタン?(イラスト)や説明がしっかりしているため、
 写真修正(フォトレタッチ)機能はオススメできます。

 

 特に、クローンブラシ的と書いておいた傷などのレタッチ機能がおもしろく、

 クローンブラシとは逆に
 修正場所を選択してから修正の参考にする場所を選択します。

 ブラシではないため広範囲の修正には向きませんが、
 最初に選択した修正箇所でプレビュー表示されるため修正後の状態を確認しながらの作業となり、

 初心者でも安心して使えるものとなっています。

 

 といっても、本来このツールで注目されるべき機能は、


 「Google Earth」と組み合わせて写真に位置情報(ジオタグ)を追加したり、

  ( 「Google Earth」の地球儀上で写真の撮影場所が確認できるようになります。 )

 インターネット上で作成したアルバムを世界中のユーザーと共有できる
 「Picasaウェブアルバム」や「フォト蔵」と組み合わせて使えることなのですが・・・、

 実験だけのためにアカウント登録までしたくないので、他のサイトにお任せします。

 

( 公式サイト : Picasa 3 - 機能の概要ヘルプ

( 公式サイト : Picasa ウェブ アルバム - 機能の概要ピックアップ

( 機能紹介 : INTERNET Watch / マニュアル : パソコン応援隊 )

 

 

おまけ


応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

画像作成(ペイント)ツール [画像処理関連ツール]

今回は、4回前に戻って画像処理ツールの続きになります。

宣言通り、絵を描くためのツール(ペインター)の紹介をするわけですが、


その前に、わざとぼかして書いておいた写真補正機能について紹介しましょう。

 

製品版の写真補正ツールのパッケージ裏(?)には、

必ずといっていいほど
「写真に写ってしまった余計なものを、不自然にならないように取り除ける」
といた機能が記されているのですが、

前に紹介した写真修正(フォトレタッチツール)には、これに相当する機能がなかったわけです。

 

今の時期に合わせて(?)具体例を挙げるなら、

「夏休みに撮った写真で、人物だけでなくテレビ画面に映ったホラー番組もよく撮れていた」

といった場合でしょうか・・・?


あんまり複雑なものだと初心者には大変ですが、
大きさにもよりますがテレビ画面ぐらいであれば可能なはずです。


・・・って、これだと黒を塗るだけになりますねぇ~~~。

じゃあ、「ホクロにか限らず、肌のしみや衣服の汚れを消せる」とでもしておきましょうか。

 

・・・とまぁ、こんな感じの機能を紹介したいがためにペインターも紹介することにしたわけですが、

ペインターの特徴はやはり多彩なパターンで色を乗せることができるブラシにあり、


上記の機能は、

コピー元とコピー先の間隔を記憶させることができる = カーソル(コピー先)の移動に伴ってコピー元も変化する

違和感のない色に塗り替えるのに便利な1つのブラシ(?)でしかないわけです。

 

ちなみに、この機能はクローンブラシとかスタンプといった呼ばれ方をしています。

 


ということで、今回は普通に(?)機能を紹介することになりますが、

先に断っておきます。

 

自分はPCでゼロから絵を描いたことはありません。ちょっとした修正&合成までです。

そのため、使いやすさというものを根本的に勘違いしている可能性もあります。

 

だからこそ、避けるつもりでいたのですが・・・。

 


【画像作成ツール(ペインター)】

 


“開いている全ての画像”をスクリプトで一括変換できる、軽量なのに高性能な画像作成&修正ツール

『 PictBear Version 2.00 』 (開発終了)


 * 「 PictBear Second Edition (PictBear 2.0 正式版) 」と同じもののようです。

 

 追加オプションとして、
 Internet Explorer 7 以降用のウェブ検索バーをインストールするようにチェックされていますが、

 ソフトの起動に必要なものではないので外しても問題ありません。

 

PictBear_2.00.jpg

 


 初心者には馴染みやすいパレット一体型のツールです。

 詳しい使い方を表示する機能は備わっていませんが、
 なんとなくで使える作りにはなっていると思います。


  * パレット・ビュー・レイヤーといった機能表示は、
    機能に関係意しない部分(名前&枠)をダブルクリックすることで分離できるほか、
    ウインドウ内の好みの位置に移動させたり、非表示にしたりすることも可能です。

 

 ソフト本体には、模様的な効果を及ぼすブラシはありませんが、


 オプションで指定した効果を及ぼす「効果ブラシ」や
 「クローンブラシ」といったちょっとした写真修正に向いたブラシが完備されています。


 ブラシの有効範囲が表示されないため微調整しづらい面もありますが、
 絵を描くのが目的じゃないなら、動作が軽くて便利かも・・・。

 個人的には、選択範囲自体を拡大/縮小できないのも不満。

 

 ちなみに、Vector などで配布されているファイルを適応することで機能を追加することも可能です。

 

( 公式サイト : フェンリル - 概要&ダウンロード機能紹介ダウンロード(ブラシ・プラグイン)

( 追加ファイル配布先 : egis Station跡地 / がくのほめぱげ / Pict Bear 画像加工講座

( マニュアル : 趣味のぱそこん / GIF アニメ大学校 / PictBearで描く!

 


“Corel Painter”そっくりな、ポータブル(インストール不要)版もある高機能・画像作成&修正ツール

『 Artweaver 』


 “Corel Painter(有料ソフト)”と似た外観をしているだけあって、
 高機能のわりに各機能が使いやすいようにスッキリとまとめられています。

 

Portable-Artweaver_0.57(JP)_s.gif

 


 ボタンにカーソルを合わせたからといって使い方が表示されることはありませんし、
 「取り消し/やり直し」のボタンがないため初心者には使いにくいかもしれませんが、

 (レイヤーと同じパレットにある[履歴]から「取り消し/やり直し」を実行できます。)

 ブラシの効果範囲が表示されるし、ブラシの効果を細かく設定できるうえ、
 画像の重ね合わせ表示(レイヤー)に関する作業がしやすいので結構いい感じです。

 (レイヤーと同じパレットにある[履歴]から「取り消し/やり直し」を実行できます。)

 

 ただ、ブラシの名称が英語表記のままであること、
 選択しているブラシに関係している設定項目が分かりにくいこと、

 選択範囲に関する動作で未選択に関する警告がうざったいこと(自業自得)、


 などの問題があるため、慣れが必要ですが・・・。


  * 他の紹介サイト曰く、直線の補正機能がないため綺麗な線が描きにくい・・・とのことですが、
    管理人には実感できませんでした。

    まぁ、直線を描くための機能はあるので問題ないかと・・・。

 

 ちなみに、[スタンプツール]は Ctrl+左クリック でクローン元を記憶させてから使います。

 

( 公式サイト : Artweaver :: the artist way(Google - 翻訳) - ダウンロード(Google - 翻訳) )
( 日本語化パッチ : Moiky's Artweaver Page - ダウンロード / Japanese soul - 適応方法

( マニュアル : 未確認 ← 初心者に紹介するには致命的な問題が・・・ )

 


きめ細かい描画を可能にする「倍精度モード」を搭載した、定番の高機能・画像作成(ペイント)ツール

『 Pixia(ピクシア) 』


 よく使う機能をまとめたツールパレットがメイン画面と一体となっているため、
 初心者に馴染みやすく、スッキリとした画面で作業できます。

  * ツールパレット上部にあるアルファベットのボタンより、分離することも可能です。

 

Pixia_4.3w.jpg

 


 ツール自体に使い方が表示されることがないため、ネット上のマニュアル頼みになりますが、
 それも慣れるまでの辛抱です。

 基本的な使い方を覚えてしまえば、結構使えるツールだと思います。


 個人的にいえば、ブラシの効果範囲が分からないツールは論外なのですが・・・。

 

 ちなみに、色合い・明るさ・コントラストなどを修正するすることも可能で、

 インストール時にない機能も、Vector などで配布されているファイルを適応することで追加できます。

 

( 公式サイト : Pixiaホームページ / Pixia書庫室 - ダウンロード

( マニュアル : Plu-Mi / CG ART GALLERY TOMASAN / 瑠緒工房 / Piyotto ☆ Palette

 


ドロップした画像をレイヤーに開ける、.NET Framework 対応のポスター向け(?)画像作成&修正ツール

『 Paint.NET 』(v3.36)


 範囲選択の色が変わるのがいい感じですが、

   Ctrl+左ドラッグで選択範囲を追加
   Ctrl+右ドラッグで選択範囲を追加(共通部分は解除)

 両クリックを選択方法に当てているためトリミング等はボタンからになります。

 

Paint.NET_3.36_s.gif

 


 「取り消し」・「やり直し」ボタンと履歴表示があり、
 下の方に使い方が表示されるので初心者でも安心して使えるかと・・・。

 

 ただし、模様的なブラシが豊富なのに対して、形は単調なものしかないようです。

 外側へ行くほど薄くなるといった感じのブラシや、
 筆圧(?)を調整できるスプレー的なものもないのはどうかと・・・。

 質感とかの変化に乏しいツールは描画向けではないかもしれませんね。


 「塗り直し」という、登録した2色を入れ替えるブラシがあるのが救い。(上書き用?)

  * ブラシの設定にある「上書き」は透かしが入るためレイヤー用と思われるが、
    「ペイントブラシ」では謎な線になるため、「直線 / 曲線」でしか使えません。

    「上書き」の場合、同じレイヤーに書いた同色の線の上下関係が分かります。

 

Paint.NET_3.36_line.jpg

 

 

 レイヤーに関しては、プロパティを開かないとブレンド方法(重ね方)を変更できないのが不満です。

 

 逆に、ブラシの効果範囲が表示されること、

 複製スタンプ(コントロール+左クリックでカーソルの座標をコピー)があること、

 ツール画面にドラッグ&ドロップして開いた画像の展開先(新規・レイヤー)を選択できること、

 メニューバーの[効果]→[写真]から、ペイントツールには珍しい(?)赤目修正ができることが利点です。

 

( 公式サイト : Paint.NET(Google - 翻訳) - 最新版ダウンロード(Google - 翻訳) )

( 日本語化サイト : Paint.NETの日本語言語化WEB - ダウンロード

( マニュアル : Software Manual / Paint.NET不完全マニュアル / チケット印刷のチケットハウス

 

 このソフトの開発には .NET Framework (.NET対応アプリケーションを動かすのに必要なプログラム)
 というものが使われています。


  * OSに左右されない基本的なプログラム(?)をまとめたもので、
    ソフトを実行するのに必要な手順を代行させて、ソフト自体の容量を小さくしています。

 

 ということで、このソフトを作動させるには、ランタイム(ソフトの実行に必要となる部品)として
 Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 をインストールする必要があります。


  * ちなみに、2.0以降は上位互換があるようです。( = 3.5 以上ならOK )

 

( 公式サイト : Microsoft - Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1

 


機能的なブラシ(ぼかし/シャープ,にじみ など)が豊富な、定番の高機能・画像作成ツール

『 GIMP 』


 高機能な画像作成ツールを探す人が、最終的にたどり着くツールといった感じ。

 機能に関しては普通に販売されているツールと変わらないと思います。

 

 豊富すぎる機能は混乱の元であり、
 初心者に紹介するツールとしてはどうかと思わなくもありませんが、

 この手のツールは、別のツールに乗り換えるのが困難という気もするため、
 どうせ覚えるなら・・・という意味で紹介しておきます。

 

GIMP for Windows (v2.7.0).jpg

 


 サンプル画像は、

 ツールボックスにあるボタンの説明にあたる部分をそれぞれコピーし、
 1つの画像として重ねて(レイヤー)表示しています。


 ごちゃごちゃした画像になったため分かりにくいかもしれませんが、

 ボタンにカーソルを合わせれば機能ごとに説明が表示されますし、
 メイン(描画)画面の下の方には使い方も表示されます。


 ブラシの形状や、不透明度を細かく設定できるうえ、
 ブラシの効果範囲も表示されるため、使い勝手のよいツールだと思います。

 

 もちろん、明るさやコントラスト・色合いといった一般的なものから特殊な処理を行うフィルタまで、
 画像処理(フォトレタッチ)にもつかえる十分な機能も備わっています。

 

( 公式サイト : GIMP(Google - 翻訳) / GIMP for Windows(Google - 翻訳) )


( ダウンロード Windows版 : SourceForge.net - GTK+ and GIMP installers for Windows
( ダウンロード ポータブル(インストール不要)版 : PortableApps.com - GIMP Portable

( 総合案内 : GIMP2を使おう / マニュアル : charryつれづれ日記 / 動画マニュアル.com

 

 

その他のツール


応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

写真修正(フォトレタッチ)ツール [画像処理関連ツール]

前回宣言した通り、写真修正(フォトレタッチ)ツールの続きになります。

 

【 写真修正(フォトレタッチ)ツール 】

 

前回紹介した“PhotoScape(フォト・スケープ)”は、

写真修正を行う機能の他に、写真を飾り立てる豊富な素材(フレーム・レイアウトなど)と
GIFアニメーション作成などの機能が備わったものでしたが、


今回紹介するものは、

写真を見るためのビュアーとしての機能とそれに適した操作性(マウスアクション)、
それから、見せるための機能(Webページやスライドショーの作成)が備わったものになります。

 


スクリーンセーバーやスライドショーのプログラムを作れる、操作性のよい写真修正・閲覧ツール

『 XnView 』 (v1.96.2 for Windowas)

 

 一般的な機能は揃っているため、

 文字で説明するよりも下のアニメーションのリンクを開いてもらった方がわかると思い、
 そこで、ほとんど語らせてもらいました。


 ということで、補足説明程度に留めておきます。

 

 なお、リンク先の画像には、特殊効果を付けていません。(容量オーバーになるんで・・・)

 

XnView-win_v1.96.2_s.gif

 

 まず、特殊な加工を行うためのフィルタに関してですが、

 メニューバーにある「フィルタ」の項目から「効果」を選択することで、
 色合いや明るさと同じように適応前と適応後のイメージが表示される画面が開き、

 効果を確認しながら特殊な加工を行うことができます。

 

 それと、前回紹介した“PhotoScape(フォト・スケープ)”と同様に
 ファイル名・保存形式・サイズや明るさ等の修正のまとめて変換する機能が備わっていることでしょうか。

 この設定に関しては“PhotoScape(フォト・スケープ)”より難易度が高いかもしれませんが・・・。

 

 あとは、カメラやスキャナで読み取った画像をそのまま開けることと、

 キャプチャ機能はありますが、
 長いWebページを保存するための画面スクロール機能は備わっていないということは記述しておきましょうか。

 


 ・・・で、ここからが見せるための機能になります。

 

 まず、画像の中に出てきたコンタクトシートですが、

 これは、写真に出したときにもらえる、撮った写真の一覧表を作成するためのものです。

 

 次に、Webページですが、

 これは、指定したサイズに縮小したサンプル画像で作ったメニュー(一覧)ページと
 メニューで選択した元となっている画像が表示されるページを作成し、

 Wsbアルバムを作成するものですが、

 サンプルが表示されないため、作ってみないとどんなものができるのが分からない部分があるし、
 気に入ったものを作るにはかなり慣れが必要かもしれません。

 FLASH素材を用いたアルバムの作成も簡単にできるのですが・・・右クリックメニューが英語です。

 

 スライドショーは、

 効果なし無しを含めて25種類のアニメーションの使用の有無と写真の表示時間(0.01秒 単位)を
 全体の設定(個別に設定することは不可)として選択できます。

 ただ、アニメーションの効果を確認しながら選択できるわけではないため、
 特定の効果を無効にするのは慣れるまで大変かもしれません。


 また、スライドショーとともに音楽(BGM)を再生させることも可能で、
 wav, mp1, mp2, mp3 形式で保存された音楽ファイルを1つだけ使用できます。

 

 作成したファイルは、スライドショーファイル(.sld)として作業状態を保存するだけでなく、

 画像や音楽をまとめて書き出す(もとのファイルを削除しても機能する)
 スクリーンセーバー(.scr)、もしくわ実行ファイル(.exe)として保存することもできます。


  * スクリーンセーバーとは、液晶画面の劣化や表示している画像の焼き付きを防止するために、
    パソコンが一定時間放置された場合に起動して、
    自動的に画面を暗くしたり動きのある画像を表示させる機能(もしくはソフト)です。

    意味があることを知らない人も大勢いるんじゃない?

 

 なお、上で無限ループしているアニメーションはスライドショーの効果に似せて作っていますが、
 このツールで作成したわけではないため、再生速度などに違いがあると思って下さい。

 


( 公式サイト : XnView Software - ツール紹介(Google - 翻訳)・対応ファイルダウンロード

 

 ツールをインストールしてみた方や、
 他のサイトのスクリーンショット(静止画)と比較した方は不思議に思うかもしれませんが、

 アイコンに限らず画面全体の配置も変更できることが原因でしょう。

 


多機能の実行ファイル(.exe)として書き出せる、操作性のよい写真修正・閲覧ツール

『 FastStone Image Viewer 』 (v3.9)

 

 同じく、一通りの機能は揃っているため、

 さらに説明を省略しまして、全て下のアニメーションに織り交ぜておきました。

FSViewer39(JP)_s.gif

 

 ということで、補足説明に移らせて頂きます。

 

 まず、触れておかなければならないのは、

 今ダウンロードできる日本化パッチでは、画像の切り出し(トリミング)を行う
 「クロップボード」の編集画面のみ日本語化表記にできないことでしょうか。

 「クロップボード」も日本語化できるようになりました。

 


 で、ここからがメインになります。

 

 ツールバーの「作成」の項目から選択できる内容ですが、


  ・ スライドショウ は、スライドショーを作成

  ・ コンタクトシート ビルダー は、PDF形式の一覧表を作成(プレビュー機能あり)


  ・ マルチページファイル ビルダー は、
    1画像1ページで複数の画像が保存できる形式(pdf, tiff, gif)で保存

     * GIFの設定は、1枚当たりの表示時間のみ(アニメーション効果なし)


  ・ マルチページファイル スプリッター は、
    上記のようなマルチページ画像ファイルを分解して、複数の画像を抽出


  ・ イメージストリップ ビルダー は、選択した全ての画像を1列(または行)に並べて保存


 することができます。

 


 ということで、こちらのツールではWebページの作成は行えませんが、
 スライドショー作成機能が充実しています。

 

 といっても、

 画像表示時間(1秒単位)やアニメーションを個別に設定することもできないし、
 作れるのも実行ファイル(.exe)だけなんですけどね・・・。

 

 では、どこが凄いのか語っていきましょう。

 

 まず、画像切り替え時のアニメーションのパターンが全部で156種類あり、
 各効果ごとに効果時間(画像が切り替わる速度)を5段階で設定できます。

 (上記のアニメーションに加えることはできませんでしたが、3次元的なものもあります。)

 しかも、各アニメーションの動作がわかるプレビュー画面のおまけ付きです。


 また、スライドショー表示中に流す音楽ファイル(wav, mid, midi, mp3, wma)には
 複数のファイルを選ぶことができます。


 さらに、このツールではイニシャル・ウインドウというものを作成して、
 ファイルを実行したときにスライドショー以外の動作も行えるようにできます。(画像参照)

FSViewer39(JP) - イニシャル・ウインドウ.jpg

 

( 公式サイト : FastStone - ツール紹介&ダウンロード(Google - 翻訳) )

( 日本語化パッチ 配布先 : それさえもおそらくは平穏な日々 - FastStone Image Viewer

 

* インストールが不要なポータブル版も日本語化することができました。

 




今までの更新頻度がアレだったために、早々と公開しましたが、

早い段階で更新に気づいてしまった方には散々焦らす結果となってしまい申し訳ありませんでした。

 

更新通知は出していないはずなのですけど、
RSSリーダー(更新チェックツール)”ってそれでも拾っちゃうものなんでしょうか?

使おうと思ったことすらないんで、分からないんですよねぇ~。

 

だとすると、修正しづらくなってしまうのですが・・・。

 


まぁ、それはさておき、


前回に引き続いての写真修正(フォトレタッチ)ツールの紹介でしたが、
写真を修正する機能としてどうしても書いておきたいと思っていた機能がありませんでした。


というのも、

それがどうやらが絵を描くためのツール(ペインター)に分類されるもののようでして・・・。


前回、ネタが尽きるまで扱わないと書いておいて何ですが、・・・前言撤回とさせて頂きます。

まさか、こんなに早く撤回する破目になるとは・・・。でも、次回はやりません。

 

また、紹介しづらいツールになるのでこれにはさらに時間がかかると思いますが・・・。

 

それと、パノラマ写真を作成するための機能をあえて無視してきたのですが、
これもそのうちやる予定です。


(ほらほら、ネタがいっぱいですよ~。)

 


ここまで長々と書いて思うのは、

「 ・・・タイトル、意味がねぇ~~~ 」の一言に尽きますが、


他サイトとの差別化に力を注ぐこのブログならではといったところでしょうか。

 

 


応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

写真修正(フォトレタッチ)ツール - PhotoScape [画像処理関連ツール]

図らずも、ようやく不定期更新っぽくなってきました。


念のために書いておきますが、ネタ切れではありません。

 

ブログという形で書く以上、紹介する順番というのにはこだわっておりまして、
次は画像処理ソフトやることは決定事項になったんですが、

初心者向けとして紹介するソフトか?という疑問はさておき、

最低限必要な機能の選別とその操作性の確認などに苦戦していたわけです。

 


【写真修正(フォトレタッチ)ツール】

 


画像作成するツールには、

様々なブラシ(絵筆)が魅力の絵を描くためのペイントソフト(ペインター)と
写真の修正に特化したグラフィックソフト(フォトレタッチソフト)、

さらに、パラパラ漫画のように複数の画像から動きのある絵を作成できる
GIFアニメーションソフトなんかがあります。

 

先に断っておきますが、初心者向けを意識しているつもりの当ブログでは、
絵を描くツール(ペインター)は本格的にネタ尽きるまでやらないつもりです。

* 近々やりますという意味ではありません。

 

・・・ってことで、今回紹介するのは写真補正用のフォトレタッチツールですが、

デジタルカメラを買った場合などには大抵フリーソフト入ったがCDが付いてくると思っているため、
半端なものを紹介する気にはなれません。

というわけで、撮った写真の使い方などに意識して、高性能のものを選んでいます。

 


豊富なフォトフレームとGIFアニメ作成機能が魅力。見るからに高機能で使いやすそうなツール

『 PhotoScape(フォト・スケープ) 』

 

* 説明および画像は v3.3 のもので、最新版のものではありません。

PhotoScape_v3.3(JP)_s.gif

 

 写真を飾りつけるにフォトフレームが152種類,吹き出しが169種類,アイコン(?)が506種類あり、
 さらに、複数の画像を組み合わせて表示するためのレイアウトも110種類用意されています。

 

 写真補正機能としては、

 明るさ・色合い・コントラスト・輪郭強調(シャープ)と一般的なものはもちろん、
 特殊な加工を施すフィルターも各種と取りそろえられており、

 サイズや名前の変更と合わせて一括変換することも可能です。


 個別に、文字を書き込んだり、
 範囲を選択して赤目やホクロを補正したり、モザイクをかけることもできます。


 ・・・って、赤目はともかくホクロ補正機能っていうのは珍しい気がしますねぇ。

 

 他にも、

 デジカメ内の未圧縮画像(RAW)をJPEGに変換する機能や
 一枚の画像を複数のパーツに分解する機能、

 スクリーンキャプチャー(画面のスクロール機能が無いため長いWebページ未対応)や
 カラーピッカー(任意の対象から色を採取するスポイト)なんかがあります。

 

 そうそう、GIFアニメですが、

 アニメーションを繰り返す回数は設定できません(強制無限ループ)が、
 画像ごとの表示時間(0.01秒 単位)と画像と画像をつなぐアニメーション(8種類)を個別に設定できます。

 

PhotoScape_v3.3(JP) - レイアウト&フォトフレーム.gif

 

 ちなみに、アニメーション表示しているのは写真のレイアウト画像にフレームをつけたものです。

 

( 公式サイト : Photoscape - ツール紹介(Google - 翻訳) / ダウンロード

( 日本語化パッチ 配布先 : TiltStr不定期版 - PhotoScape 最新版 日本語化パッチ


  * “WDiff”で作成された(?)パッチは、改変元となるファイルがある場所を指定できません。

  パッチをあてるには下記の操作を行って下さい。

    インストール先(デフォルトの場合 C:\Program Files\PhotoScape )にある
    “PhotoScape.exe”とパッチを同じフォルダに入れた後で、パッチを実行(ダブルクリック)

  上記の書き方でインストール先が探せない方は、

    スタート → ファイル名を指定して実行 → “C:\Program Files\PhotoScape”を貼り付け → OK


( 使い方 : ポストカード無料素材花のポストカードやさん本館 - 説明画像入りで解説

 


今回は、急に期間が開いてしまったため、まだツール探索中ですが上げておきます。

ということで、次回はこの続きになるはず・・・・・・。

 

 


応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

画像処理関連ツール ブログトップ


Lenovo - Web広告限定ストアお得なクーポン一覧クーポンの使い方

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。