So-net無料ブログ作成

仮想デスクトップ作成ツール(3D・画面切り替え型) [デスクトップ関連ツール]

ネタが浮かば~~~ん!!!


管理人の能力では、もって2ヶ月の予定だったんで本当にキツくなってきました。

そう・・・。正しくは、人に紹介できるほど使いこなせる(?)ツールが思いつかないんです。

 

どうも、パノラマ写真作成ツール利用① で燃え尽きた感があるといいますか、

管理人の中で盛り上がりに欠けるんですよねぇ~。

 

とりあえず・・・というか、ブログ開設時から書こうと思っていたものはあと1つしかありません。

能力的に厳しいんで連想ゲーム(?)に逃げて、後回しにしているんですけど・・・・・・


ああ、ブログ開設後に書こうと思ったツールはまた別ということで・・・。

 


【仮想デスクトップ作成ツール】

 

え~~~そんなわけで、仮想デスクトップ作成ツールの4回目となります今回は、

ぶっちゃけ時間稼ぎみたいなものです。


一応、デスクトップに戻ってきましたし、年賀状作成ツールへは時期の都合で移行したんで・・・。

 

気持ちの上ではもう書き終わった仮想デスクトップ作成ツールの紹介記事ですが、

3D処理で画面切り替えを行える仮想デスクトップ作成・管理ソフトとして紹介した『 Yod'm 3D 』は

もう更新される可能性が無いツールということで同系統のツールを追加しておきます。

 


2~9個に画面数を変更できるインストール不要の3D回転式・画面切り替え型仮想デスクトップ

『 DeskHedron 』

DeskHedron_v1.00.gif

 


 このツールは、タスクトレイメニューが英語表記(項目は画面数の増減と画面移動のみ)ですが、

 3次元的な画面切り替えを行えるツールでありながら仮想デスクトップ数を2~9画面に増減でき、

 インストールも不要という一見ナイスなツールなのですが、


 一旦起動したらシャットダウンするまで使い続けることが前提となります。

 

 といっても、

 ツール使用終了時に表示されていない画面にウィンドウやタスクトレイアイコンが残っていると、
 終了後にイジれなくなる(閉じられなくなる)というだけなんですけどね。 ← 大問題?


 一応、再度ツールを起動して消しに行くことは可能ですが、
 減らした画面にあったウィンドウを閉じたい場合などには面倒の極みということで。

 

 まぁ、仮想デスクトップ間でウィンドウの移動ができないという問題に比べたら大した問題ではないかもしれませんが・・・。

 

 なお、このソフトを作動させるには“DirectX 9.0c のランタイム”というものが必要になります。

 


( 公式サイト : TokyoDownstairs - DeskHedron

 

 

切り替え画面の表示方法が多彩な、見た目重視の4画面切り替え型・仮想デスクトップ管理ツール

『 Shock 4Way 3D 』

Shock4Way3D_v1.29_jp_s.gif

Shock4Way3D_v1.29_jp_anime.gif

 


 「MB-Support (エム・ビー・サポート) パソコン初心者のサポートページ」にて

 しっかりとまとめられているため、画像内だけで済ませます・・・・・・ → ツール紹介ページ

 

 というつもりだったのですが、完全オリジナル要素を思いついたのでしっかり書く気になれました。

 


 このツールは4画面でしか使用できず、一覧表(スクリーンマネージャ)を表示しないと

 ウィンドウを別の仮想画面に移動させることができないということから、


 頻繁に画面を切り替えて使う方にはお勧めできませんが、

 見た目にこだわりたいとか他人を驚かせたい(?)という方にはうってつけのツールといえます。

 

 選択画面の表示方法(画面の切り替え方)は、こんな感じです。


  画面エフェクト(5種類)

   Cube  :前方にキューブ(柵)状に配列 ・・・・・・・・・・ カメラワーク(カメラ位置・ズーム)調節可
   Inside :使用者を中心として囲むように配列 ・・・・・・ カメラワーク(カメラ位置・ズーム)調節可
   Grip  :使用中の全画面の状態が確認できるように平面配列 ・・・・・・・・ カメラワーク調節不可
   Flip   :画面をカードのように(?)立てて並べて配列 ・・・ カメラ位置調節可・ズーム調節不可
   Wave Cube :前方に配列した画面をウェーブさせて表示 ・・・・・・ カメラ位置・ズーム調節可


   カメラ位置は、Top(上方),Center(正面),Bottom(下方)の3種類だが、
   ズームは 0~20 に調節可能

   画面の表示サイズ(10~100%)や混合(不透明度:10~100%)、
   アニメーションエフェクトは全ての画面エフェクトに対して設定可能


    アニメーションエフェクト

     開始アニメーション :選択画面への移行がゆっくり(?)になる
     終了アニメーション :決定した画面への移行がゆっくり(?)になる
     バウンスアニメーション :画面切り替え(使用画面 ⇔ 選択画面)完了直前のバウンド効果
     反射 :下方への映り込み


  背景エフェクト(5種類)

   None    : なし(黒) ・・・・・・ 背景イメージも使わない
   SkyBox   : 仮想空間 ・・・・ エフェクト停止可・仮想空間を選択可能
   Wave     : さざ波 ・・・・・・・ エフェクト停止可・背景イメージを変更可能
   Raindrops : 雨(波紋?) ・・・ エフェクト停止可・背景イメージを変更可能
   Tunnel   : トンネル ・・・・・・ エフェクト停止可・背景イメージを変更可能


   背景イメージは“Images”フォルダにあるファイル以外でも使用可能(bmp, jpg のパターンファイル)


   SkyBox用の背景(仮想空間)は、512×512 の BMP画像6枚(前・後・左・右・上・下)を
   用意できれば別のものも使用可能だが、特殊な画像であるため用意するのが困難

    * “SkyBoxs”フォルダの中に ft, bk, rt, lt, up, dn というファイル名の画像を入れた
       フォルダを設置 ← このファイルの作成したい方は、追記もお読み下さい。

   ということで、arctic(北極),moonlight(月光),orangeplanet(オレンジの惑星)の3種類


   Wave(波), Raindrops(雨) ,Tunnel(トンネル)で背景エフェクト使用する場合には、
   1秒あたりのフレーム数(アニメーションの滑らかさ=処理の重さ)を設定可能(1~50)


  * 無駄に詳しく書きましたが、設定(プロファイル)は最初から
     画面エフェクトごとに処理の重さが大・中・小になるような3パターンが用意されています。

 

 なお、画像内でも触れなかった修復マネージャですが、

 これは使用している画面に表示されていない起動中のプロセス(ウィンドウ)を表示させるのに使います。

 

( 公式サイト : Shock Utility :: - Shock 4Way 3D

( 日本語化パッチ : http://ameblo.jp/freur/ - Shock4Way3D

 

 

▼ Shock 4Way 3D / SkyBox用の背景について (パノラマ写真の利用法 ②+)

 


 パノラマ写真の利用法 ② で紹介した、


 縦:横 = 1:2 の画像から仮想空間(球状 QuickTime VR ムービー)を作成するツール

 『 PanoCUBE 』を使って、変換に失敗したことがある人はいるでしょうか?

 

 このツールは、変換する画像と同じ場所に SkyBox に使われているような画像を作成した後で

 QuickTime VR ムービーに変換するという手順を踏んでいるようで、


 変換に失敗すると 1.JPG ~ 6.JPG の画像が出現することがあるんです。

 

 完全オリジナル要素なんて大げさな書き方をしてしまいましたが、

 要はこれを利用すればオリジナルの SkyBox 背景がつくれますよ~~~ってだけのことです。

 

 では、失敗の誘発方法と合わせて手順を紹介しましょう。

 

 ① 縦:横 = 1:2 = 1024×2048ピクセル のパノラマ画像を作成

   (変換中に作成される画像サイズを 512×512 にするため)


   * パノラマ写真の作成に関しては、パノラマ写真作成ツールの記事をお読みください。


 ② パノラマ写真の利用法 ② を参考に、『 PanoCUBE 』の使用環境を整える。

   * QuickTime VR ムービー化が目的ではないため、Script.txt の値は影響しません。


 ③ ①の画像を掴んで PanoCUBE.exe 上にドロップし、
   変換作業が完了する前に①の画像をもう1つドロップ

   (画像と同じフォルダに 1.JPG ,2.JPG, … といった画像が出現)


 ④ 最初にドロップした画像の変換が完了する前に 1.JPG を適当な場所に移動。

   * ③の作業だけだと、最初にドロップした方の画像が変換された後で削除されてしまいます。


     これで2回目のムービー作成(上書き)に画像が使えず、2.JPG ~ 6.JPG も残るはずです。


 ⑤ 1.JPG ~ 6.JPG の画像をペイントなどの画像作成ツールで開き、名前を付けて保存。

   * ファイルの種類は、24ビットマップに変更

    1.JPG ⇒ lt.BMP (右)
    2.JPG ⇒ bk.BMP (後)
    3.JPG ⇒ rt.BMP (左)
    4.JPG ⇒ ft.BMP (前)
    5.JPG ⇒ up.BMP (上)
    6.JPG ⇒ dn.BMP (下)


 ⑥ 1つのフォルダにまとめて、“SkyBoxs”フォルダに移動すれば完成。


 

yun_5706 (yunphoto.net).gif


ちなみに、パノラマ写真の利用法 ② で使ったのと同じ画像で作成するとこんな感じです。


( Cube (Bottom) - SkyBox / 20,90,90 / バウンス&反射:OFF )

 

 

 


nice!(21)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

応援よろしくお願いします → 人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村 IT技術ブログ フリーソフトへ

nice! 21

コメント 7

nano

紹介が難しいなら検証という形はどうでしょう?
見てる方も参考になるような気がしますw
by nano (2010-01-21 22:49) 

kage

>nano さん

コメント有り難うございます。


このブログは、基本的に複数のツールを検証した上で
差が出るように紹介しているつもりです。

“紹介が難しい”とは、基本知識が足りなすぎてマニュアル通りにしか紹介できないとか、良いツールを判断できないという感じでしょうか。

長く続けることが目的なら最新のツールや更新情報を追う形をとるのですが、使えるブログを目指してしるので・・・・・・短命上等?
by kage (2010-01-22 11:43) 

nano

いろんな使い方をするのも難しいものですね?
アプリそのものは結局、必要に応じて使うものですから
by nano (2010-01-22 14:19) 

kage

『Shock 4Way 3D』の画面切り替えアニメーション画像内の文字に誤字(×:Centet → 〇:Center)が混じっていましたが、最初から作り直さないと直せそうにありません。

ということで、このまま放置します。
by kage (2010-01-28 00:44) 

NsHome

はじめまして!
ご訪問&niceありがとうございます。
仮想デスクトップって何度か使ったことありますが、どうも使いやすいのがみつかりません。やっぱりマルチディスプレイがベストかも(お金と電気代気にしなければだけど)。^^)
by NsHome (2010-01-30 23:34) 

kage

>NsHome さん

コメントありがとうございます。

仮想デスクトップって操作のクセが強いため、馴染めない人も多いはずなんですよね~~。 この内容で4回も書いていますが、自分もめったに使いません。 ノートパソコンですし・・・・・・。

by kage (2010-01-31 00:43) 

toshi

こんばんはー^^
ご訪問&niceありがとうございました♪
パソコンには疎くって。。。

私もネタ違いですが
全く浮かびません^^;
by toshi (2010-02-01 22:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


Lenovo - Web広告限定ストアお得なクーポン一覧クーポンの使い方

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。